小学生をもつ主婦のパート選び

子どもが小学生になると一人でできることも増え、少しずつ頼もしくなってきます。

小学生をもつ主婦のパート選び
PAGE LIST

小学生をもつ主婦のパート選び

子どもが小学生になると一人でできることも増え、少しずつ頼もしくなってきます。とはいえ、まだまだ手のかかる年齢なので、フルタイムで働くには勇気が入ります。子どもが小学校に慣れてくると学校に通っている間だけパートで働く人が徐々に増えてきます。

ファミリーレストランやランチ時にサラリーマンで賑わう飲食店、スーパーのレジ打ちは、日中に働けるパートの定番です。同じ小学生や中学生の子どもを持つパート仲間の多い職場だと子どもの病気や学校行事で休みを取りたいときにお互い融通しやすいというメリットがあります。工場や倉庫で、商品管理のパートもありますし、コンビニのお弁当を製造している食品加工会社は、24時間稼動しているので、夜中に働くこともできます。夜中に働くことは自分の体調を見極める必要がありますが、日中は子どものために時間を使いたい場合には夜中に働くのもひとつの選択肢になります。また、事務の仕事で言えば、医療事務のレセプト請求など繁忙期のみパートをして欲しいという仕事もあります。お中元お歳暮の時期にはデパートやスーパーで受付業務のパートを募集しています。

子どもが学校に行っている間のみのパートという条件があったとしても、様々な職種のパートがありますので、自分の今までの経験や特技、性格を活かしてパートを選べます。